代理店・フランチャイズのビジネスモデルについて勉強してみよう

本部から十分なサポートが受けられるか確認しよう

代理店・フランチャイズのビジネスモデルは、開業のために多額な資金を用意する必要が無いことや、自分から積極的にマーケティングや広報活動をしなくても良いといった特徴があります。一方で、契約内容によりますが、本部に対して毎月の売り上げの中から一定の金額を納めなければならないケースが多く、時に経営が圧迫されることもあります。また、事業が軌道に乗るまでには業種によってある程度の期間が掛かることもあり、その期間中に本部から十分なサポートが受けられるかどうか、契約時に確認をすることが重要です。なお、初めて代理店・フランチャイズのビジネスに挑戦をするにあたっては、加盟店オーナーに対する資金援助がある本部を優先的に選ぶのも良いでしょう。

時間を掛けて安定的に事業を進められる業種を探そう

代理店・フランチャイズのビジネスは年齢や性別に関係なく、数百万円の資金があれば始めやすいことや、ビジネスに関するノウハウがなくても店舗運営ができるといったメリットがあります。一方で、業種によってはライバルが多いためになかなか売り上げが伸びなかったり、同業他社に客を奪われてしまったりするリスクもあります。そのため、代理店・フランチャイズの事業に関する相談会やフェアに参加をしたり、直接本部に問い合わせをしたりして、将来を見据えて業種を選ぶことがポイントです。その他、事業開始に向けて資金の借入を検討している場合は、業種によって多額の初期費用や固定費用が掛かることがあるため、余裕を持って金融機関の担当者と話し合いをすることも必要です。

旅行代理店とは、旅行会社が提供するツアーや商品などを仲介して販売する会社です。旅行は飛行機やホテルの予約などを行う必要がありますが、そのような複雑な作業を旅行者の代わりに行ってくれます。