適正検査の目的とは?その目的に合った検査を選ぼう!

適性検査はどのような点を見る検査なの?

就職試験や中途採用などの際に用いられる適性検査の最大の目的は、その職業などにどれだけ適した資質を持っているかを測定することです。学業成績や知能といった純粋な能力だけでなく、その職業に対する意識や興味などという違った角度でその人の適性を見極めるため、学力テストや面接試験を補完するために用いているところも多いです。

適性検査の効果は?試験方法はどんなものがあるの?

多くの企業の採用試験で適性検査を導入する理由には、先述の要素の他に客観的な判断が出来るという効果が見込めるという点も挙げられます。特に面接試験などでは、客観的に見ているつもりでもどうしても面接官の主観というのは排除しきれません。適性検査は受検者の回答により、結果がパターン分けされています。適性検査の効果は、受検者のパーソナリティを可視化出来るという効果が最大の特徴です。検査方法は、紙媒体のテスト用紙に記入してもらうものが一般的ですが、最近ではWeb上で回答を選択して進めていくWeb受検という方式もあります。

数ある適性検査、どれを選べばいい?

適性検査には採用試験などで受検者の適性を見極める、といった目的の他に企業に興味を持ってもらうという目的で利用しているところもあります。一般的な適性を見極める目的での適性検査の選び方は、重要視したいポイントに対しての検査内容が充実しているか、検査内容が複雑すぎないかという点などに気を付けましょう。就活中の学生などを惹きつける目的などで利用する際は、発展性を持たせる工夫をすることが大切です。検査内容について直接担当者がフィードバックしてくれるといった手法を取って、会社に興味を持ってもらえるような付加価値を検査に付け加えると良いでしょう。

適性検査とは、個人が行う職業や学業に対する適応力が備わっているのかを量的に測定することを目的とした検査のことをいいます。