会社を辞める前に!自営業に興味があるなら始め方を理解しておくことが大切

商売として成立するかどうかを考えて計画を立てよう

会社員なら安定した収入を確保できますが、平均年収を大きく上回る収入を稼ぎたい場合は、転職や自営業を検討する必要があります。どちらも収入アップの可能性はありますが、上限に関しては自営業の方が高いです。ただ、自営業を始める場合は、売り出す製品やサービスが商売として成立するかどうかをじっくりと考え、計画を立てるべきです。始める前の段階で計画した通りに物事が進むわけではないにしても、計画が充実しているほど商売として成立しやすくなります。ですから、会社を辞めるのは自営業の計画を立ててからにするのがポイントです。辞めてから自営業は難しいことに気付いたとしても、同じ会社にまた雇ってもらえるとは限りません。

当面の生活費を準備しておく

計画を立ててビジネスとして成立すると判断し、会社を辞めて本格的に自営業をスタートさせるのであれば、当然の生活費を準備しておきましょう。優れた製品やサービスを提供するとしても、認められるまで時間がかかる可能性はあります。そうなると、しばらくの間は収益がなかったり、ごくわずかだったりなど、生活費が足りなくなります。せっかく始めた自営業を生活費が足りないという理由で、短期間で諦めるのはもったいないですし、会社を辞めた決断を後悔するでしょう。生活費に充てるお金は多ければ多いほど良いですが、最低でも半年間は収益がなかったとしても生活できるだけの貯蓄があれば、自営業に集中しやすい環境を作れるでしょう。また、アルバイトやパートで収入源を確保しながら自営業を始める選択肢も残っています。

フランチャイズとは、ある企業のサービスや商品をなので経営に関するノウハウを使用する権利を得ることで得た対価の一部をその企業に支払う形式の契約です。