1000円カットで十分満足できる!失敗しない方法3選

なりたい髪型の写真などを持っていく

1000円カットで失敗したくない時は、ヘアカタログやスマホなどで、切って欲しい髪型の写真などを見せるようにしましょう。そうすることにより、自分がイメージするのと全然違う髪型にされてしまうのをある程度防ぐことができます。正面からだけでなく、後ろや左右の髪の状態が確認できるような写真だとなおよしです。注文する時に写真を見せるのはちょっと恥ずかしいかもしれませんが、変な髪形にされてしまうよりはよいでしょう。

具体的に説明してみる

「ツーブロックにしてください」「今流行りの〇〇カットにしてください」など、髪型名を伝えることができれば、美容師さんもイメージしやすくなります。他にも、「前髪は〇センチぐらい切ってください」「横と後ろを刈り上げ、前髪は薄くすいてください」など、具体的にどのようにしてもらいたいか説明することで、大きな失敗を避けることに繋がるでしょう。1000円カットでは黙って美容師さんに全てを任せるよりも、相談して髪型を決めていくことが大切です。

お店が空いている時間に行くようにする

お店が込み合っていると、美容師さんの心の余裕もなくなりがちです。美容師さんが忙しそうな顔や、疲れたような顔をしていると、「この髪型にしてください」と写真を見せるのを躊躇してしまうことも考えられます。お店が空いている時間の方が、髪型の希望を伝えやすいですし、じっくりとカットしてもらえる可能性もアップするでしょう。開店間際、閉店間際、そして平日の14:00~16:00ぐらいはお客さんが少な目なことが多いので、狙い目です。1000円カットで失敗したくない時は、混雑しやすい時間帯を避けるようにしてみましょう。

1000円カットを開業するなら、立地がとても重要です。通行量が多い駅近物件を選べば、回転率と集客力を上げることができるでしょう。